宮下印刷株式会社

導入事例

会社も地域も元気にするお手伝いを

宮下印刷株式会社

住所:石川県金沢市
設立:1949年1月
従業員:15名
サイトURL:http://www.e-miyashita.jp/

印刷だけでなく企画・提案からお客様にご提案し、理念経営をサポート

ー本日は宮下印刷株式会社社長の宮下様と社員の島様にお話を伺います。よろしくお願いいたします。まずは御社の事業紹介からお願いいたします。

宮下様 … 印刷業です。幅広い総合印刷事業を手掛けています。
ただ、何でもできるというのでは特徴がないように思われてしまうので、印刷のもっと手前である「お客様のブランディング」からお手伝いできるような会社を目指しています。

ー企画からご提案できるようにということですね。以前からそのような取り組みをされていらっしゃるのですか?

宮下様 … 企画からのご提案は数年前から行っているのですが、それだけでは弱いなと思っています。中小企業の経営者様に向けて経営理念などを浸透させるお手伝いもしたいと考えています。

ー将来的にはオーダーを受けて印刷するだけでなく、経営のコンサルティングも行っていきたいということですね。

宮下様 … はい。印刷物を使った集客はどの会社様でもやっていますが、集客すればするほどコストがかかって疲弊していくのはおかしいと感じていました。そこで、他社と競争しなくてもお客様が集まってきてくれるような方法はないかと考え、理念経営にたどりつきました。いい意味で特徴がある企業をつくるお手伝いができればと思っています。

ー事例としては何かございますか。

宮下様 … 事例はいくつかありまして、社内にプロジェクトチームを作って行っているところです。理念経営を行う企業が増えていくことで、その会社も元気になるし、地域も元気になると思います。お客様から「あそこで仕事をしたいよね」と言われるようになれば、社会にいい循環が生まれると思います。

ー素晴らしい取り組みですね!取り扱っていらっしゃる印刷の範囲はとても幅広いですが…。

宮下様 … そうですね。最近では、美大からの依頼を受けて、ポスターを切り抜いてメッセージが書けるような特殊な印刷にも対応しています。
また、弊社の持ち込みの企画ですが、日本酒のラベルを有名な漫画家さんに書いてもらったのですが、それがとても評判がいいのです。お酒の魅力を表す新しい方法になりました。
情報伝達の手段として印刷は幅広い業界で、弊社もいろいろな仕事をお引き受けしてきましたが、今後はそれらを一つのパッケージにして企業様に提案していきたいと思っています。

イベント時の社員の集まりが「SONR.」導入で飛躍的に改善

ー何か新しいことを始めるときはみなで集まって決めていらっしゃるとのことですが、そのようなときは、社内伝達はどのようにされていたのでしょうか。

島様 … 今まではリーダーが上から下ろしていっていましたが、全員に伝わっていないことがありましたし、文書化しないと忘れてしまう、文書化してもなくしてしまうといったことがありました。そこで、「SONR.」の導入を考えたのです。

ー「SONR.」を導入されてから、その辺りはどのように変わっていきましたか。

島様 … これまではイベントを行うときは回覧を回して何日までに総務まで連絡を、という形でした。ただ、これでは総務以外の社員さんには誰が参加するのか分かりません。今は「SONR.」上で「参加する人はここに書き込んで下さい」としているので、他の社員さんにも参加者が見えます。「あ、この人が参加するんだ、なら私も参加しよう!」となり、一気にみんなが書き込んでくれることもあります。地域の清掃活動日など、これまではなかなか集まりにくかった行事も、その日のうちに参加者が決まるようになりました。

宮下様 … 清掃活動は日曜日の朝7時からだったのです。それにもかかわらず、15人全員が出てくれまして。見える化されていたのがよかったのでしょうね。

仕事の予測を立て、先回り準備で効率的なワークフローを構築

ー業務に関して何か変化はございましたか。

島様 … 営業さんが外出するときに伝言を残すことがあるのですが、「SONR.」に書き込んであれば内容を全員が知っているので、私が不在でも他の社員さんが来客対応できるようになりました。

宮下様 … それから、ファックスは紙で出さずにPDFで処理しているのですが、「SONR.」はそれとの親和性がすごく良くて助かっています。

ー新しいことをはじめるときに「SONR.」があることで意見が出やすくなったというようなことはございますか。

島様 … そのあたりの活性化はこれからではないかと思います。文章ですと伝わりにくい部分、冷たく伝わる部分もありますから、まだ使用を警戒している人もいます。
それに、まだ書き込むことに慣れていない人はいると思います。私は伝言を忘れてしまうのが怖いので、その場でどんどん書き込んでしまいますが(笑)。

ー「SONR.」以外に社内での情報共有に使っているツールはございますか。

島様 … サイボウズを使っています。勤怠管理、スケジュールとワークフローですね。

ーワークフローはビジネスツールとしては必要かと思います。「SONR.」でも導入を検討したいところです。

宮下様 … 「SONR.」は、お客さんごとにボードを作って進捗を都度入れておけば、校正OKといった情報を全員が見られるので、ある程度自分の仕事の予測がつきます。スタッフも先読みして準備してくれているのでとても便利です。

ー素晴らしいですね。自然とそうなっていったのでしょうか。

宮下様 … そうですね。ルールは最低限しか決めていません。見積書も入れて、履歴が分かるようにしていますが、ゆくゆくはお客様の情報がすべてボードに溜まっていくようにしていきたいですね。

ー情報が一元化されて顧客管理がしやすくなりますね!今後は、お客様との共有も考えていらっしゃいますか。たとえば、受発注情報の共有という形でお客様と共有されている会社様もあります。

宮下様 … それはいいですね。お願いしたいです。B to Bの活用事例になりますね!

島様 … いいですね!電話やFAXですと確実かどうか不安があるので。

宮下様 … 複数のお客様でも大丈夫ですか?

ー大丈夫です。お取引先のご担当者だけならば無償プランでお客様を招待していただけます。業務の効率化につながると思いますので、ぜひご検討ください。

「敷居はゼロ」のツールで、仕事の進め方が大きく変わる

ー「SONR.」をお使いの中で、お気づきの点や「こんな機能があったらいいな」ということが何かございますか?

宮下様 … ボードのメンバー全員ではなく、作業の順番に次はこの人、次はこの人・・・と一人ずつ出てくるといいのではないかと思います。それから、タグ付けですね。

ーなるほど。ボードのスレッドにさらにタグをつけるということですね!今はキーワードでの検索になりますが、過去の投稿をより探しやすくということですね。

宮下様 … そうです。一回消すとどこにあるのか不安になってしまいますので。「進行中」など、同じタグをふっておけば、後から探しやすいのではないでしょうか。

ーありがとうございます。改善点として承ります。
最後に、「SONR.」を検討されている方に、ひと言いただけますでしょうか。

宮下様 … 簡単に使えて「敷居はゼロ」です。仕事の進め方が大きく変わるので、ぜひ一度使ってみていただきたい。直感的に使えるのではないかと思います。忙しい人にこそ使って欲しいです。

島様 … 私は、物忘れ防止にいいと思います。「○○をお願い」と現場で聞いても事務所に上がると忘れてしまうので、「SONR.」に上げてもらうことで確認できるのがすごく助かっています。それから、いろいろな仕事があっても書いてあれば予測が立つのでありがたいです。

ー本日は、どうもありがとうございました!